FC2ブログ
 @いつまでたってもベーシスト          どこまでいってもベーシスト
「ザ・トロフィーズ 」 ベーシスト 住吉あたるの 低域大好きBlog

プロフィール

住吉あたる

Author:住吉あたる



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いも虫アパート

青虫アパート

我が家のミカンの木(の鉢)。

毎年恒例のいも虫くんたち。

今年のいも虫アパートの住虫は5虫様。

かまきり、鳥に襲われないように5虫様で打ち切り、防護用ネットで万全のセキュリティー。

しかし。

しかし今年の5虫様、大食漢揃い。

既に葉っぱは残りわずか。

食糧危機迫る!



来年からは3虫様で打ち切りか・・・!?










スポンサーサイト

旅の記録(後半)

まずは、
ザ・トロフィーズ大久保ライブ、ありがトロございました!
とんでもなく押して始まったライブではありましたが、まっ、それはそれ・・・
毎度のトロメン&トロサポの一体感。
素晴らしい! 重ね重ね m(__)m



さて、では旅の記録(後半)です。



25日

石見銀山です。
ここは、地区内は車NG。

周回バスで昔鉱夫たちが住んでいた町の入り口まで行き、
そこからはレンタサイクルです。

石見銀山保存町並み

鉱山の入り口までは3kmくらい。

昔のまま保存された町並みを走る!
鉱夫たちは皆、ここで暮らしていたんですね。

そしてだんだん山の中へ。

ずっと上り坂。
3km上り坂。

アシスト付きにして良かった!
楽ちん楽ちん!


さて坑道内部は。

石見銀山内部

寒い、狭い、暗い!
でもここは全ての3%くらいしか公開していないらしいですね。
想像するに気の遠くなるような広さです。
落盤の恐怖と毎日戦いながら、これを全部手掘りって・・・
昔って大変。
なんだか凄過ぎて全然実感が湧きません・・・



途中の単線の駅です。
式敷駅。
ついパチリ!

式敷駅にて


さて、ちょっと急ぎましょう。
本当は寄り道している暇はないんです。
今日の移動距離はかなりです・・・



安芸の宮島、厳島神社です。
ここは是非、夕暮れ時に来たかったもので。

フェリー乗り場に車は駐車。

宮島フェリー

厳島神社


鹿です。

厳島神社 鹿

宮島に鹿がいるとは知りませんでしたね。

何かやっています。
パチリ!

厳島神社 催し物



他もいろいろ散策。

さて、今日の日没は19;15頃。
食事をしながら夕暮れを待ちましょうか。

近くに居酒屋がありました。
ちょっと一杯。



でも店も混んできたので、何となく早めに店を出て神社まで来てみると・・・

いけない!
もう山に太陽が隠れちゃう。
山の分だけ早く太陽が沈むのを忘れてました!

セーフ!
危ないところでした。

厳島神社 夕日



これを見たかったんです!


厳島神社 夕日2

ちょっと調子に乗ってみました・・・


厳島神社 夜

幻想的ですらあります。

今日もいい一日でした。





26日

今日は四国に渡ります。
しまなみ海道。

しまなみ海道

しまなみ海道2

瀬戸内海の島々を結び、四国へと続く道。
永遠と広がる空と海と島々。

こんな眺めは日本広しと言えども、なかなか見られないかも!

しかも高速道なのに測道はサイクリングロード。
こんな景色の中をチャリ!
気持ち良さそう・・・





四国に入りました。

国際ホテル松山にある吉長と言うお店でランチをいただきました。
ランチと言っても個室予約。 
真之鯛釜飯付き御膳!
美味い!

でも一人前¥2000!!!

ありえません・・・
きっと鯛釜飯を付けると高くなるのでは?
個室で予約すると高くなるのでは?

いいえ、¥2000でした。
税金もなし。
もし東京で夜に食べたら一人¥12000くらいの感じです。
本気でビックリしました。



道後温泉です。
松山ですしね。

道後温泉

良いたたずまいです。
坊ちゃんの世界ですね。
そして、なんとも風呂場の中にも風情が漂います。
さすがにカメラはダメですが・・・





27日

祖谷に向かいます。
四国のちょうど真ん中あたり。

山深い渓谷です。
そこに「かずら橋」と言う吊り橋がかかっているのですが、そこで唄われてきた「粉ひき唄」。

この唄を、30年前の若かりし頃やっていたバンドで、アレンジして演奏していました。
前からいつかは行きたいと思っていたのですが、とうとう今日行けます。


っと、あれ?
2000km!

2000km

出発して2000km。
走ってるなー・・・



祖谷口駅

祖谷口駅2

近くなって来ました。
橋はここから、更に20km山奥です。



かずら橋

粉ひき唄

期待通りの秘境!

かずら橋2


その昔、屋島の合戦に敗れた平氏が再興を願い土着した集落らしいです。
あまりの山深さゆえ、近代まで外部との交通が隔絶されていたため現在までこの独特な風俗が残っていると資料にはあります。


もちろん今夜はここ、祖谷温泉で汗を流すことにしましょう!

祖谷温泉



と思って行ったら、なんと立ち寄り湯は一寸の差で終了。
ここの露天はケーブルカーで200m近く下に降りて行くと言う絶景露天風呂。
悔やみきれない!!!


で、泊まってしまいました!
祖谷温泉旅館宿泊です。
今回の旅、唯一の贅沢!

ボクたちでちょうど満室。
部屋数の少ない旅館ですが、何とずっと先まで予約でいっぱいとか。
ラッキーでした!

露天風呂ケーブルカー

露天風呂


食事、景色、お湯、共に二重まるの3拍子!
これは平日も関わらず予約がいっぱいなのも頷けます。

いい湯につかって美味い食事。
ビールを飲んだら・・・

完全に敗北です。

今夜はもう・・・お休みなさい・・・




28日

祖谷しょんべん小僧

祖谷温泉を後にして。



金比羅さんです。
石段で有名。

金比羅さん石段

覚悟を決めて登ります。

金比羅さん石段2


でも、全785段を登りきった後はこの景色!

金比羅さん景色


自分の足で登って来ると、景色にも実感が湧くもんです。

っと、あれ?
向こうに何か書いてあります。

奥社。
奥社?

まだ先にも何かが・・・

他の人は参拝を終えると下に降りて行きますが・・・



行ってみましょう、奥社へ。
きっとすぐ先です。




けっこうありますね。
まだかな・・・















そろそろかな・・・?






奥様半泣き・・・





から、本泣きに移ろうかと言う頃。
見えました、奥社!!

何と1368段!!!

奥社


さすがにやられました・・・



でも、この景色。

金比羅さん景色2

実感湧き過ぎです・・・


ところでこの写真。
眼下に煙が見えますね。

これは焼き畑の煙のようです。
四国は焼き畑農業が盛んらしく、そこら中で煙が上がっています。

穀物を育てるには適しているのだそうですね。
たしかに麦畑だらけでした。

小学校の教科書でしか見た事がなかった焼き畑。
実地の社会勉強です。

こんなことも旅の醍醐味ですね。




29日

今日は鳴門海峡に向かいます。

その前にガソリンを。
と思ったら、コインランドリーも併設です。
洗濯物もだいぶ溜まっています。
ついでに洗濯もしてしまいましょう。
この旅、二回目の洗濯です。

コインランドリー


時間を食ってしまいました。
ところで、GSのお兄さんがコインランドリーの方も兼ねているのですが、他のお客さんに洗濯機から乾燥機に移すのを頼まれていました。
かなりの量で、手順とかも考えてやっていました。
微笑ましいくらいに人がいいです。


出発しましょう!



鳴門海峡です。

いつも渦が巻いているのかと思ったのですが、どうもそうではないようですね。
満潮の時が一番だそうです。

満潮まで2時間。
食事でもしながら待ちましょう。

鳴門はワカメが美味しいそうです。
乾燥ではなく、生ワカメです。

腰があってたしかに美味い!


さて、そろそろ満潮。
でも今日は強風。
条件的には悪いそうです。
まあ期待せずに。

渦潮1


ここはちょうど高速道の下にあたります。
渦を真下に見ることができる遊歩道が作ってあります。

金網があるので落ちる心配はないのですが、今日は強風。
しかも海の上。
吹きっさらし。

風風風!
もの凄い風の音が恐怖感を煽ります。
メガネでさえも飛んで行きそうです!
遊歩道が揺れています。

渦潮


渦3

何とか渦が巻いているのがお分かりになるでしょうか?


ガラス張りの所もあります。

渦

ガラスがあっても恐い!

早々退散です。
寒いし。
身体が潮でベトベト・・・

今日は早めに温泉を探しましょう。





30日

今日は実質、旅の最終日です。
名古屋にある、奥様の親友の家を目指します。

そこに奥様と車を預けて、ボクは明日大阪へ。
31、1日と仕事をして名古屋に戻り、その足で東京に戻ります。


ところで今朝、面白い事件がありました。
面白いなんて言ったら奥様に怒られますが・・・

FJクルーザー対奥様。
1ラウンド0分3秒。
FJの左フック一閃。

奥様TKO負け!
事件。

車の助手席から降りた奥様が、シートのリクライニングを直そうと前屈みになってレバーを引く。
勢い良く前に倒れるシート。
ちょうどボクシングのグローブと同じくらいの固さのヘッドレスト。
奥様の顎に見事にヒット!
見事な左フック。

重量級のFJ。
軽量級の奥様。

レフリーストップ。
TKO!!


完全に脳が揺れた奥様。

笑ってはいけません。
笑い話ではありません。

ちょっと面白かっただけ・・・





えー、では今日も楽しんで行きましょう!

京都です。

京都は走るだけでもいいから寄りたかったので、取り敢えず目指します。

八坂神社のあたりを走ります。

八坂神社


いいですねー、京都。

次の旅は京都もいいかもしれません。
気に入った温泉とPAさえ見つければ!


京都を過ぎてしまうと今日は移動距離も多いので道の駅くらいしか寄れません・・・

さあ名古屋を目指しましょう!





31日

名古屋駅まで送ってもらって。
では、行ってきます!




6/1日

名古屋駅に迎えに来てもらって。
只今ー!

車に戻って来るだけで、只今と言う気分になるところが凄いですね・・・


さあ、既に夕方です。
地下街で味噌煮込みうどんも食べたし。

帰りましょう我が家へ!
明日は息子のダンスの晴れ舞台。

何としても今日中には辿り着かねば。


帰りは東名高速。
そして途中からは新東名。

新東名は車線も広く、カーブも少なく走りやすい。
しかもPAも楽しい。


駿河湾沼津PAでこんな写真を撮ってみました。

ガスパールと奥様


奥様ももう眠そう。
東京はもう少し。
頑張りましょう!


後は一直線!!!



・・・・・・・・



23時。
帰宅しました。

長い旅でした。
楽しい旅でした。
愉快な旅でした!

次は京都か。
北海道もいいし九州も行きたい!

何処でもいいから、また行きたい!!




奥様も車も、お疲れ様!!!

走行距離


何と走行距離、3000km超え・・・









































旅の記録(前半)

ベッド仕様1

ベッド仕様2

前回もアップしましたが、車の中はこんな感じ。
夜はゆっくり足を伸ばして寝られるようにしてあります。

厚めの低反発マット。
Wベッドと同じ大きさ。

これで約半月の旅も快適に過ごせるはず。

出発日は5/18(土)。
ほぼ高速道も使わず、ゆっくり。
町の雰囲気を味わいながらの旅です。


行き先はだいたい決めてありますが、果して?

では出発!!

ちょっと最初だけはズルして中央道で松本まで!


松本です。
早くも当初予定になかった松本城へ。
途中のPAで見たポスターに心奪われました。

松本城

おお、素晴らしい!
国宝だそうです。
絵みたいです。

城の中にも入れました。
一番上まで登って、昔の人も見たであろう遠くの山々の景色も楽しみます。
それにしても階段がきつい。
ほとんど梯子の延長線です。
しかも昔は、現在は付いているこの手すりも無かったとか・・・




さあ、この後は飛騨に向かう予定。
でも道の駅などで道草を食っていると、時計の針はどんどん進みます。

今日はもう温泉を探すことにしました。

奥飛騨温泉の一つ、平湯温泉です。

平湯

うーん、さすがにいい湯でした。



あれ?ひとっ風呂浴びたにも関わらず、まだ時間があります。
では飛騨まで足を延ばしてみますか。


飛騨古川です。
飛騨は高山が有名ですが古川も負けてはいません。

こんな町並み。

飛騨古川

情緒たっぷり。
溝には鯉も泳いでいます。
盗まれたりはしないんですね。
ちょっと心配になります。


さあ、夕食もこの町でいただくことにしましょう。
「キッチンきゃびんぐ」と言う店で、飛騨牛のハンバーグをいただきました。
美味!
さい先良い感じです!


さて、温泉でくつろいでお腹もいっぱい。
今夜は東海北陸自動車道の飛騨河合PAで休みましょう。


こんな風に、一日の終わりに温泉、夕食。
寝る時だけはどこかのPAに入ります。

22時頃にはぐっすり。
そして翌朝は7時頃には起き出し、だいたいのその日のスケジュールを決めます。






では二日目、19日です。

行ってみたかった白川郷。

白川郷

そして五箇山。

五箇山

合掌造り。
二つとも世界遺産です。

異空間ですね。
どこかに迷い込んでしまったような感覚です。
こんな時代が本当にあったんですね。
思いが飛んで行くようです。

多分今はちょうど良い季節だけど、雪がある時にまた来てみたいですね。
雪に閉ざされた合掌造り。
素晴らしい!

大変そうだけど・・・




金沢。
雨に降られました。

雨の兼六園です。
またそれも風情あって、兼六園ならば似合います。

兼六園

日本庭園の極みですね。






20日

月うさぎの里

東尋坊に向かう途中にあった道の駅みたいなところ。
月のうさぎの里。
店の中はうさぎコーナーも。
なんと中庭には放し飼いでうさぎが50匹くらい。
しばらくここで遊んでいました。

そうそうここで殻付きのアーモンドを買いました。
試食コーナーで食べたのが運のつき。
メチャ美味です!
もう普通のアーモンドは食べられません!




そして東尋坊。

東尋坊

ここは恐い。
しかも自殺の名所。
2時間ドラマでは有名です。
犯人が最後に捕まる所ですね。

実際はお土産物屋さんなど、かなりの賑わいでしたが崖には柵も無く、海に吸い込まれそうでした。
ここで自殺する人の気が知れません・・・
崖っぷちに腰掛けようとする奥様の気も知れません・・・



さてではまた走りましょう。
ここら辺はずっと日本海沿いです。
延々と続く国定公園。
景色は何度車を停めても足りないくらい素晴らしい!

途中にこんな所が。
越前加賀海岸国定公園呼鳥門園地だそうです。

呼鳥門園地

呼鳥門園地2

いったいどうすればこんな形に・・・







21日

舞鶴です。
ここは日本海側の京都府。
町並みはやはり何となく京都・・・

国道から外れて海沿いを走っていたら住吉神社を発見。
ここがまた何とも言えない風情が・・・

住吉神社

住吉神社2

道を挟んで神社と反対側が海ですが、海辺にも鳥居が。
この海辺の鳥居は、年に一回行われるお神楽の時しかくぐってはいけないのだそうです。
危ないところでした・・・



天橋立です。

天橋立

天橋立レンタサイクル

中をレンタサイクルで走ってみました。
幅は100mくらいでしょうか。
長さは3kmです。

往復6km。
ついジャンプ!!

ジャンプ

奥様はあまりにジャンプしすぎて頭がフレームアウトしてしまいましたね。



さて、この日は丹後半島を海沿いに一周してみようと言う事に。

途中珍しい光景に。
舟屋群。

漁業の町らしいのですが、良く見るとどの家も水が中まで。
駐車場のように舟が家の中に。

舟屋群

同じ日本なのに環境によって変化する生活スタイル。
何だか妙に感動しました。

そして棚田。

千枚田

今回の旅で感じたのは、棚田がやたら多い事。
さすがに山の多い国なんだと実感させられました。
でもここの棚田は特に素晴らしかった。
千枚田と言うそうです。


なんと今日は丹後半島を一周したら一日が終わってしまいました・・・







22日
鳥取砂丘です。
ここは是非来たかった場所の一つです。

ビックリしたのは、ここは日本で一番大きな砂丘ではないそうですね。
とは言ってもデカイです。
乾燥してます。
砂が熱い!
まだ午前中なのに!!

鳥取砂丘

蜘蛛巣穴

でも虫もいます。
蜘蛛だそうですが、暑い時間帯はこうやって穴の中でやり過ごすんですね。

花

朝顔似の花も咲いています。
凄い生命力!



そして鳥取砂丘を後にして少し走ったところにオシャレなcafeが!
少し行き過ぎたのに戻りました。

cafe

海沿いのカフェ。
デッキには巣箱があるらしく、頻繁に鳥もやって来ます。


今度は白兎神社がありました。
ここ白兎海岸は因幡の白ウサギの舞台。
ご祀神は白ウサギだそうです。
併設の道の駅は、もちろんうさぎグッズで溢れていました。

白兎神社






23日

目指すは出雲です。
今日は近くまでは行きたいと考えています。

歴史街道出雲街道新庄宿と言う所がありました。

歴史街道出雲街道新庄宿

昔の宿場町のようです。
無料で入れる江戸時代の屋敷などもあり、昔の旅人を思い起こさせます。
色々な格好をした旅人がこの宿場で旅の疲れを癒したのですね・・・

ところで街道の中に、すみれ食堂と言う、良く言えば雰囲気のある。
悪く言えば汚い店が・・・

すみれ食堂

しかし誘われるように中へ。

何とお婆ちゃんがお一人で。
しかも、もう50年もお一人で!

昔話を聞きながら焼うどんを・・・

あれあれあれ!?
美味い!美味!美味!
今回の旅で一二を争う美味!!

何と雑誌にも載ったこともあるらしく、わざわざ遠くから探して来る人もいるらしいです。
B級グルメグランプリにもよく出店を勧められるらしいのですが、お金がかかりすぎることと、鉄板が代わると味も変わるのが嫌で断っているそうです。
いやー、ビックリ!

お婆ちゃん、いつまでもお元気で!



米子市境港にある水木しげるロードです。
約800mの間に、150体以上のブロンズ妖怪像がいるとか。
街灯も目玉おやじ・・・

水木しげるロード



関の五本松。
ここも名所らしいです。
車を置いて徒歩で20分の上り。

あれ?松は無し。
松食い虫にやられて全滅?
今では5本の松のオブジェが・・・

どうりで寂れているはずです。
しかし景色は素晴らしかった。
20分登ったかいがありました!

関の五本松からの景色



では気を取り直して。

宍道湖です。
そして夕日。

宍道湖の夕日

天気にも金沢以外は恵まれ、景色にはツキがあるらしいですね。
この先も素晴らしい景色に出会えますように!


さて、もう出雲は目と鼻の先。
今夜は玉造温泉でひとっ風呂!


そして温泉街の足湯です。
ここの温泉街はオシャレな雰囲気。
川沿いには足湯がそこらじゅうに。
川のせせらぎの脇で足湯に入ります。
人気の温泉地らしいけど、おおいに納得。

玉造温泉街足湯





24日
出雲大社です。
今年は60年ぶりの平成の大遷宮。
今はイベント期間中。

まずは併設の古代出雲歴史博物館で神々のお勉強。

復元模型

これは中にあった建立当時の出雲大社の復元模型。
現存の資料通りに組立てたらしいですね。
で、人形目線からパチリ。
おおっ、昔にこんな物が建造されたら!!


出雲大社

こちらは現在。

今夜のイベントは浅野温子さんによる古事記のよみ語り。
実は今回の旅のきっかけはこのイベントでした。

春に浅野さんの芝居の制作を手伝った奥様が、出雲のイベントを見に来ないかと誘われたことがきっかけ。
じゃあ一緒に行こうか?
でもドライブ好きのボクとしては車で行きたい。
車で出雲まで行くのだったら、他にもいろいろ見たい。

そんな些細な事がきっかけの今回の長旅。

でも日程的にもちょうど今日が半分くらい。
明日からはとうとう後半です・・・


















遅くなりましたが、先日のClubEdgeのトロライブ。
ありがトロございました。
いつものことながら、楽しんでやらせていただいております。
感謝感謝!


ところで唐突ですが私、旅に出ます。
奥様と約半月の二人旅。

ベッド仕様2

ベッド仕様1


車の荷台はご覧の通りベッド仕様。
時間も気にせず。
気ままに。

信越、北陸、中国、四国、近畿、東海地方。
世界遺産、立ち寄り湯とB級グルメの旅。



ではでは、行って参ります!
ザ・トロフィーズ新曲、
「YU WA FREEEE !! 」
を口ずさみつつ。。。

途中経過はtwitterfacebookで!










桜

東京は桜満開。

そして我が街の桜並木も満開。


奥様と散歩。

ぽっぽは留守番。


しかし、、、今日は寒い。

桜も困惑ぎみ。

風が無いのがせめてもの救いか。


そう言えば我が街恒例、桜祭り。

たしか今年は4月6・7日。

あと約10日。


はたして?

桜祭りの運命やいかに。


今年は葉桜祭り。

なのか・・・?















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。